×

CATEGORY

HOME»  朝山農園のこだわり

朝山農園のこだわり

岩見沢の土地の良さ

岩見沢の土地の良さ

岩見沢市では、135戸の農家が毎年あわせておよそ3万4,000トンの玉ねぎを出荷していて、北見市や富良野市に次ぐ道内有数の産地です。
石狩川の支流「幌向川(ほろむいがわ)」に面していて、川が運んできた天然のミネラル成分が土壌に供給されることから、玉ねぎ栽培に最適な環境といわれています。
国から「特別豪雪地帯」に指定されている不利な事情もありますが、株式会社朝山農園では、他の農家に比べて1ヶ月早くからビニールハウスの種付けを始めたり、融雪剤を使い道内最速で玉ねぎを提供できる環境を整えています。

道内最速で届く玉ねぎ

道内最速で届く玉ねぎ

株式会社朝山農園では、SN-3、北こがね、オホーツク、北もみじ、札幌黄など様々な品種の玉ねぎの生産を行っている中で、栽培スピード、出荷までのスピーディーさなど、長年玉ねぎに向き合ってきたからこそできる、迅速な作業スピードに自信を持っています。

新しいことに挑戦する姿勢

新しいことに挑戦する姿勢

株式会社朝山農園は、親子5代続く農家で、現在6代目もおります。
長年玉ねぎの栽培に向き合ってきた家族経営だからこそ、家族で話し合い新しいことに挑戦する姿勢を大切にしています。
飲食店様や販売店様への業務用販売や新品種への挑戦など、皆で話し合いより良い作物をお客様へお届けできるよう励んでいます。

お問い合わせ

お問い合わせお問い合わせ

メールはこちら